★カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
★アーカイブ
★カテゴリー

お問い合せ

Twitterボタン


fxwill.com


堺の洋館探訪 田中邸 (田中銀次郎・舎蜜) その1
14日15日に、僕のトンボ玉の生徒のガコちゃんのお父さんの実家を
関東の「けんちく工房 邑」の對馬さんが若い者を二人連れて
調査に来るというから、一緒に見学させてもらいに行ってきました。


南海高野線 堺東駅の少し東に位置する一帯。
昔は堺の別邸が多くあった場所。
その一角に敷地面積約300坪、今では木がうっそうとした
日本家屋と洋館からなる邸宅が「田中邸」。
傷みもひどく、手入れもなされていないのですが、当時の贅沢なたたずまいがうかがえます。

田中邸洋館01 田中邸日本家屋01

この田中邸は、ガコちゃんの
曾お爺ちゃんの堺化学の創始者であった田中銀次郎氏が建てた家。
画家だったお爺ちゃんが長く住んでいた家。
そして、お父さんが生まれ育った家です。


福地邦樹さんの詩集『心象風景』の中に
「チョウセンアサガオ」という詩があるそうで。
今も庭にはチョウセンアサガオが少しだけ残っているのがわかりました。

田中邸 チョウセンアサガオ・・・曼荼羅華

   チョウセンアサガオを食べた話

   広い庭のある画家のお宅にお邪魔した
   御主人の洋画家がなくなって五年
   庭はだいぶん荒れていた
   夏木立の隅に大きな白い花が沢山咲いていた
   かの有名なチョウセンアサガオ(マンダラゲ)だという
   背丈ぐらいな潅木で
   筒状花に恐ろしげな迫力があった

   主人が毒と知らないで私の留守の間に
   五センチぐらいのこの蕾を二つたいて食べて
   酔っぱらいのようにふらふらになって
   身体がほてったのかこの前の池に
   腰までつかっていたのですよ
   あんまり変なことばかり口ばしるので
   精神病院に連れて行こうかと思ったのですけど
   近くのお医者さんに来てもらって
   薬を調合してもらって
   翌日にはけろりと直っておりました

   華岡青洲の麻酔薬を知らなかった画かきさんが
   緑の蕾があまり綺麗なので食べてしまったのだ
   御主人の絵の横に奥さんの水彩画も並べてあって
   ゆっくり話す夫人の飄々とした姿に
   変人だったという画かきさんが
   透けて見えてくるのだった

(福地邦樹『詩集 心象風景』編集工房ノア 1996)



建てられたのが、昭和13年、對馬さんの調査で分かりました。
建具・天井・カーテンレール、照明、洋式トイレ。

モガモボの好きな僕にはたまらない雰囲気でしたよ。
この後に、室内の写真をまたアップしますね。

| ある日の風景 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
平成23年度全国伝統的工芸品公募展 表彰式
平成23年度全国伝統的工芸品公募展 表彰式

平成24年 3月8日 木曜日 
午前11時30分から13時30分まで
ホテルメトロポリタン 4階「桜の間」


表彰式に行ってきました。(^O^)/
やっぱり何回行っても表彰式はけじめがついてよいものです。
また、この次も頑張ろうっていう気にさせてくれますね。

以前から「英」ファンの
千葉大学の先生 登尾章さんも付いてきてくれました。
表彰式自体は
通常の表彰式だったけれど、元総理の森喜朗さんも来てくれていて
写真に入ってくれました、とっても記念になりましたよ。

森さんと僕 森さんと登尾さん
 

帰りに、池袋の全国伝統的工芸品センターの写真を撮ってきました。
青山に移転になってしまうから、最後の姿です。
6回もここで作品展をしたのだから、とってもさみしい思いです。

1階
池袋 全国伝統的工芸品センター 1階

2階
池袋 全国伝統的工芸品センター 2階

| ある日の風景 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年 最後の満月
今年、最後の満月。

今夜もきれいに見えてます。

満月を見るのを楽しみにしたら、毎月ひとつ楽しみが増えますね。

そうそう、今年は仲秋の名月も見られたし。

月のアップの写真は変わらないけれど、見ている心内が違います。

2009年12月2日 満月

次の満月は2010年の1月1日。

湖北、長浜で見ることになりそうです。

今から楽しみです。
| ある日の風景 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
住吉大社 観月祭 2009 
住吉大社は年遷宮を平成23年に控え、太鼓橋(反り橋)の架け替え中。
だから、今年の観月祭は吉祥殿神館でおこなわれました。
住吉大社の遷宮は20年に一度。
それに、その度に太鼓橋が架け替えられるかどうかわからないので、
貴重といえば、貴重な観月祭になるかもわかりません。

日中は午後から青空も見られましたが、
夕方は雲が多くて、月は見られそうになかったけれど、
雨は降りそうになかったので、一応、住吉さんまで行きました。

境内に入り、反り橋の南側の石橋を渡れば、すぐに吉祥殿神館。
暗くなった境内、その存在がしっかりと浮かび上がります。
庭は祭りの用意がととのえられ、樹齢千余年の大楠のライトアップは幻想的。
すでに、名月を楽しもうと多くの人が来てましたが、
パラパラと席が空いていて、座ることができました。


住吉大社 吉祥殿 神館住吉大社 吉祥殿 神館 大楠木

本宮にての神事は見なかったけれど、
神館の庭で例年通り、献歌、住吉踊り、舞楽奉納を今年も楽しみました。
月が昇る時間が過ぎても、月は顔を出さず、
「今年は見られないかな〜。」とあきらめかけていたら、
ちょうど、住吉踊りの頃、スーっと、雲の割れ目から月が顔を出しましたよ。

住吉大社 観月祭 住吉踊り20009 明月 01

ここ数年、綺麗に月が見られなかったけれど、、
今年は祭事の途中、雲の間に、
見え隠れしながらも綺麗に満月を見ることができ良かったですよ。

毎月待つ「満月の夜」にまして、待ち望む「名月の夜」。
かぐや姫が昇天した、神秘的な夜。         
そんな、年に一度の2時間程度の時間。
今年も、観月祭の神聖な雰囲気の中に身を置け、
とっても幸せな時間でした。

明月 01 2009年10月3日

帰ってから、
高く昇った明月を、いつものように苦心して、
デジカメに収めました。
| ある日の風景 | 09:12 | comments(1) | trackbacks(1) |
秋の彼岸 ・・・ 大阪 四天王寺 一心寺
彼岸の今日、9月22日。
両親と共に彼岸会の四天王寺さんへ。
子供の頃から、彼岸になれば四天王寺・一心寺へ
よく連れて行かれたもの。
そして、
四天王寺さんの伽藍配置は、
南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並ぶ
日本の寺院建築の代表的な様式の一つ。
学生の時、日本建築史の授業でも習った思い出深い場所。
今日は、とっても久しぶりだから写真を撮ってきました。


阿倍野橋の駅から歩いて四天王寺に行く途中、経木を書いて四天王寺さんへ。

経木 書き四天王寺 石の鳥居

石の鳥居(神仏習合のなごり?)を抜け、西大門から境内へ。
手の届くところにクルクルと回るコマ様のものが4基。
これが「転法輪」。
ブッダが教えを説かれることを表す法輪(チャクラ)を小さくしたもので、
手で回すことにより「仏の法(のり)を教えて下さい」と挨拶代わりにしたのが起源だそう。
子供の頃は、意味もわからず、入るときに回して楽しんだ事を覚えてます。

四天王寺 西大門四天王寺 西大門 転法輪

境内に入って経木を「遠く極楽までも響くと」いわれる北堂鐘へ。
ここで、「ひとつ鐘」をもらい先祖供養してもらいます。

四天王寺 北鐘堂四天王寺 亀の池 六時堂

回向が終われば亀の池の前を通って。
「亀の池」といえば、昔の漫才師「ラッパ・日佐丸」の漫才に
「わて、この間天王寺さんの亀の池に行ってなぁ。。。」
っていう話が自然と出てきますね。

そして、すぐに亀井堂。
亀井堂の霊水で回向(供養)を済ませた経木を流してもらう。
極楽往生が叶うんだって。
この光景は、今でもしっかりと覚えていました。

四天王寺 亀井堂四天王寺 伽藍配置

それから、また歩いて一心寺へ。

一心寺

ほんとに、くの人がお参りに来ていました。
秋の彼岸の行事です。
子供の頃はわからなかったけれど、
彼岸参りって、とっても良い運動になりますねぇ。

春にもまた、元気に来たいですね。



※昔みたいに、「カルメラ焼き」の露店がなくなってしまったのが残念でした。


| ある日の風景 | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の彼岸 ・・・ 堺 祥雲寺
秋の彼岸の入りの昨日、堺の祥雲寺へお墓参りへ。
「入りに行っても、結願(けちがん)行くな。」っていいますから。
お天気は、とっても晴れ渡った気持よい日でした。
お墓参りといっても、年に4回程度。
春の彼岸と、お盆と、秋の彼岸と、年の暮れには必ず行きます。

堺 祥雲寺

この祥雲寺。
初代住職が沢庵和尚。
寛永2年(1625年)に沢庵和尚によって創建され、
庭園は枯山水の様式で大徳寺の方丈庭園と類似し、
大阪府の指定名勝になっているお寺。
堺のガイドブックにも載っています。

堺 祥雲寺 枯山水を望む

春の彼岸は、ちょうど相撲の大阪場所が終わった頃だから、
出羽の海部屋の寄宿舎に使われる祥雲寺には、
まだのぼりが立っているから艶やか。
秋の彼岸は、いつも何故かしらとっても長閑に感じます。
でも、12月はもっと良いかも。
石畳横の柿の木の柿の実が色づきたわわになっているのが素敵ですよ。
堺歩きの折り、近くを通られたら枯山水を見に立ち寄ってください。

堺 祥雲寺 枯山水

朝夕、めっきり涼しくなった「秋の彼岸」。
これから、秋の夜長に移っていきます。
節目節目の、お墓参りの日でした。
| ある日の風景 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
茶寮 都路里 祇園本店
今日は年が明けてからの久しぶりの外回りで京都へ。
淀屋橋から京阪電車で、祇園四条まで。
祇園四条駅から花見小路に行く四条通南側に辻利の祇園本店。
この2階3階に茶寮 都路里があります。

いつもは、歩道まで観光客で行列のできる人気の店なんだけれど、
今日は、2階に続く階段にも誰もいなくて、
お昼を食べがてら、一人で入ってしまいました。
店内もすいていて、4人がけのテーブルに僕ひとり。
お昼の1時過ぎ。
多分、時間帯がよかったのでしょうね。
観光で来られるなら、このお昼時が狙い目かも。
帰りには、もう行列ができていたのですから。

食べたのは「白川」
熱い抹茶そばに食後の白玉パフェのセット。
久しぶりに、とっても美味しかったですよ。

都路里 抹茶そば

都路里 白玉パフェ

それから、外回り。。。

なんか、旅行気分だったので、
帰りに僕の好物の「すぐき」のお漬物を奮発して買って帰っちゃいました。
こんな日もあっていいですよねぇ。
| ある日の風景 | 22:04 | comments(1) | trackbacks(0) |
大晦日に
年末が近づくと
「大晦日 さだめ無き世の さだめかな」
・・・と、いつもいつもこの句が思い出されます。。。

今年もいろいろあったけれど、一年終わり。
無事に元気に過ごせたことは、感謝の気持ちでいっぱいです。
今年も一年、ありがとうございました。

また、
来年も元気に過ごせますように。
良いことがありますように。
よいお年を!

英 作品展展示

★今年の作品展・コンペ報告★

2月  大阪工芸展 近畿経済産業局長賞 入賞

8月  第5回 親子展 (三世展)

11月 全国伝統工芸士作品展 山本英明、山本真一郎 共に入賞

12月 感性 kansei-Japan Design Exhibitionに展示される 
    フランス パリ装飾美術館



| ある日の風景 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
月と金星と木星と
仕事の帰り道、西の空に沈んでゆく眉月。

それを追うように、ひときわ輝く二つの星。

左が金星。

右上が木星。

月と金星と木星と

満月だけじゃなく、こんな月も良いですねぇ。

三脚もないのに、苦心して写真を撮っちゃいました。

今夜見られなかったら、

明日、日が沈んだらすぐに探してくださいね。

なんか、良い感じ!
| ある日の風景 | 18:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
第60回 正倉院展  「包丁」
今日は文化の日。
午前中、少し仕事の段取りだけして、お待ちかねの奈良の正倉院展へ。
連休最後の日で、お天気も曇り空だったから、少しはすいていると思ったけれど、やっぱり1時間待ちの行列でした。
例年行っている事だからと、去年は退院後2か月少しだったけど無理して行って、何度もクラクラしながら見たのを思うと、今年はしっかり元気になってました。

奈良国立博物館 旧館

今回のお目当てはもちろん「包丁」!
職業柄もあって、見たことがなかったのもあって、「包丁」!
正倉院に10本保存されている包丁は、現存する最古の包丁。
しっかりと見てきましたよ。
その他の「全浅香」「刻彫尺八」「平螺鈿背八角鏡」・・・etc。
これらは以前に見たことありますから。
でも、そこそこしっかり見ましたねぇ。。。

正倉院展 60分待ち

本で見て、おおよそのことは知っていましたが、やっぱり実物を見ないと。
刃渡りは8寸程度で、片刃、差し柄で黒漆塗。
結構長いと聞いていたのですが、そうは感じませんでした。
まぁ、以前見た、刀子よりは大きかったですが。。。
何を切ったのか・・・そうたいしたものは切れないと思いますよ。
刀身はしっかりと錆びていて。。。どう、片刃なのかよくはわからなかったのが残念。
展示の前を3度ほど行ったり来たり、しっかり頭に入れておきました。
これで、また一つ賢くなった感じです。(^^ゞ

年に一度の一大イベント。
美術館より博物館の方が好きな僕ですから、とっても楽しかったですよ。

鷺池荒池

博物館を2時間半程度で後にして、秋の奈良を少し散歩。
飛火野から鷺池、鷺池から荒池の畔を通って興福寺。
いつもの短い方の散歩コースです。
興福寺も特別拝観をしていたけれど、今日は体力がなかったです。

興福寺

木々の紅葉、松ぼっくりとどんぐりもいっぱい落ちていて。
今日は鹿も人出と同じで、そこここに多く出ていましたよ。
少しベンチに座って。。。
「やっぱり、奈良は良い!」


| ある日の風景 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日が命日 「智恵子抄」
福島県二本松市の二本松神社例大祭・二本松提灯祭が
毎年、10月4日・5日・6日に開催されてます。
何度も何度も二本松に行ったことがあるけれど、
僕が祭りを見たのは一度だけ、もう、20年前のことです。

この祭りの中日の10月5日。
この日が智恵子抄の智恵さんの命日なんですよ。
1935年に東京・品川のゼームス坂病院に入院。
その後、病室で多数の紙絵を生み出す。
1938年10月5日に52歳で肺結核のため死去。
たぶん、死の間際の智恵さんには
光太郎と、ふるさと二本松を思っていたのでしょうね。
ひょっとしたら、祭囃子も聞こえてもいたのかも。。。

20年前の10月4日。
その日大阪に帰る前に鞍石山に出かけ、
その山頂で阿多々羅山と阿武隈川を眺めながら、
明日が智恵さんの命日だって思いながら、
祭囃子を聞いたのをしっかりと覚えています。

福島県二本松・鞍石山 山頂。 昔の写真です。

提灯祭り・菊人形、そして、ざくざくに栗ご飯。
また、秋が返ってきました。

| ある日の風景 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
観月祭 住吉大社
住吉大社 観月祭。
去年この時期、まだまだ体調が悪くて、観月祭には行けなかったのだけれど、今年は元気に行ってきましたよ。

午後6時20分ころ住吉大社に到着。
祭りの始まりは6時30分ころから。
例年のように、献詠歌奉納−住吉踊奉納−奉納舞楽。

2008観月祭 住吉大社2008観月祭 住吉大社 住吉踊2008観月祭 住吉大社 奉納舞楽

今日は結構雲が多くて、一昨年のようにほとんど見えないかなって思っていたけれど、太鼓橋の右側の木の枝の間がどんどん明るく輝き始め、舞楽の頃には、木の上に綺麗に名月を見ることができました。

2008観月祭 名月

幽玄な雰囲気の2時間半を楽しめ、心が満たされました。
また、明日から包丁作りにがんばれますよ!(^O^)/

んっ?
月見団子?
帰ってから、しっかりいただきました!(^−^)v

| ある日の風景 | 21:49 | comments(2) | trackbacks(1) |
新宿副都心
初めて新宿副都心に行ったのが30年くらい前。
それまで、学校が高専の建築科、授業で超高層建築の話しを聞いたり、武藤清の書いた「霞が関ビル」を読んで、とっても興味があったのでした。
大学の建築科に編入した20歳の夏休み、東京まで見に行ったのでした。

新宿に建つひときわ目を引く三本のビル。
京王プラザホテル 新宿三井ビル 新宿住友ビル 
初めて見るそのビルときたら、高いのなんのってすごかった。
下から見上げているだけで、感動しちゃいましたよ。
人間のスケールでは考えられいものでした。。。
それから、確か、三井ビルでお昼にサンドイッチを食べたのかな?
そうそう、このときに初めて一人で東京に行ったのだから。
完全におのぼりさんしてました。(^O^)

新宿副都心−サンルートプラザより−

写真は、新宿南口近くのサンルートプラザホテルの部屋からの写真。
確かに新宿副都心が見えるんだけれど、な〜んか普通の風景。
一つ一つ見れば、新宿三井ビル、京王プラザホテルも、その向こうに少し三角形?の新宿住友ビルもわずかに見える。
他は…
都庁くらいがわかるけれど、あとはわからないビルばかり。

確かに、しっかり、時が流れたね〜(^^ゞ
昨日のことのようなのに。
| ある日の風景 | 06:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
彼女は誰でしょう?
パソコンの画像を整理していたら懐かしい写真が出てきた。
10年以上前だと思うけれど。。。

山本

さて、
僕の隣は誰でしょう?(^O^)

最近はテレビに出ない日がないかも?
結構、有名になっちゃったねぇ。。。





★正解★ 朝日放送時代の 山本モナ さん!


| ある日の風景 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨に咲く花
まっすぐ
降る雨に
咲いてる
あじさい

雨の朝の登校の時
公園まで母に見送られ
見た
アジサイ

花言葉は
移り気
君が好きだと言ってた
紫陽花

雨に咲く花


紫陽花 雨に咲く花
| ある日の風景 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
Colantotte コラントッテ
去年から、仕事を頑張ると
けん引き(特に左側)が凝るものだから、よけいに背中から頭に違和感が気持ち悪い。
モーラステープを貼って寝ても、なかなか良くならないし。
良くなっても無理したらまたまた凝っちゃう。

でっ、勧められたのがコラントッテ。(^^ゞ
つらい肩凝りや首のこりから解放されるって。。。。
コラントッテが、血行を促進しするみたい。
マグチタンで、リラックスしてα波が増えるみたいだから、
僕の頭には良いかも。。。?

Colantotte コラントッテ

とりあえず、試してみようということで、
今日から装着開始ですぅ。(^O^)

はてさて、どうなりますかぁ。
「信じる者は救われる。」
| ある日の風景 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
ありし日の南大門
今年のゴールデンウィーク。
体調が悪いのもあるけれど、バタバタと仕事と外回りと休養の連休になっちゃいましたよ。
陽気は良いけれど、ちょっと暑すぎて身体にきつい。
なにもせぬ間に、過ぎ去ってしまいそう。
去年のゴールデンウィークは韓国のソウルに行ったいたのだけれど。。。

以前、神戸で日本料理の修業をしていた韓国人の具さんがソウルを案内してくれたのでした。
チャングムの撮影セットに行って、清渓川・景福宮・ソウルタワー・明洞
、青瓦台近くも。
具さんが料理長をする「TANI」という和食のお店で夕食も食べて。
ワインがたくさんある雰囲気の良いお店だった。
結構ワインも飲んだし、元気だったなぁ。。。(^^ゞ

そうそう、
今はソウルの南大門が火災で焼失してしまったけれど、
あの時は、ちょうど時間帯も良く、南大門で衛兵の交代も見たのでした。
今となっては、貴重な観光になりましたね。

2007年5月のソウルの南大門

早くまた元気になって、海外旅行に行きたいですよ。

清渓川
| ある日の風景 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめまして
今日は、久しぶりに午後から休みにしました。
長く、ホームページを更新していなかったので、
プロフィールとかを2008年版に少し手直し。

去年のお盆に倒れて、退院してから前のパソコンがぶっ壊れたから
この新しいパソコンでは初めてのホームページの更新。
記念に、ブログも新しく作ってやれと作っちゃいました。

まだまだ、体の調子は良くないけれど…これくらいはがんばろ!

| ある日の風景 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) |