★カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
★アーカイブ
★カテゴリー

お問い合せ

Twitterボタン


fxwill.com


「与謝野晶子 歌碑と町めぐり」展
「与謝野晶子 歌碑と町めぐり」

日時 5月17日〜6月30日 午前10時〜午後5時
場所 堺伝統産業会館
 
堺伝統産業会館では
与謝野晶子の5月29日の白桃忌にあわせ
「与謝野晶子 歌碑と町めぐり」の特別展を2階研修室で催しています。

晶子の投稿のある
鉄幹が創刊した「明星」の展示、そして「婦人画報」「少女の友」。
その頃の時代の「アララギ」「ホトトギス」「白樺」。
あわせて、
懐かしい時代を感じさせてくれる日常のちょっと昔の骨董品も展示しています。

この、展示資料…ほとんど僕の私物なんですよ。
是非、是非見に来てくださいね(^^)/
| | 06:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺市 春季文化財特別公開 参加
堺市 春季文化財特別公開 に協力し、作業所の公開をします。



 平成25年5月25日(土曜) 26日(日曜)

 午前10時から 午後3時まで


包丁の研ぎ方、包丁の質問等がある人は、どうぞ見学に来てください。


  
  堺市春季文化財特別公開ポスター
| | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺文化財特別公開 2009年秋季 山本「英」打刃物製作所
2009年度秋季の堺文化財特別公開も、今日が最終日。

うちの作業所は、1日、3日と公開してきました。
たくさんの人に来てもらって、たくさんお話しして、
僕たちもとっても楽しいです。

堺文化財特別公開 2009年秋季 山本刃剣作業所

1日は、ちょうど日本刀の円砥研ぎも実演できました。
みなさん、興味深く見られて、質問も多かったです。
本当は「研ぎの実演」なんですが、
「包丁・刀剣の研ぎのお話し」になってる感じで。
1時間以上、話して行かれる方もおられるくらいですから。

堺文化財特別公開 2009年秋季 山本刃剣作業所 刀剣研ぎ

でもでも、
包丁の方も、喜んでいただけてるかと思います。

僕らも、休みなし。
日祭日にと思いましたが、見学待ちの時間、少し仕事ができたので、
思いのほか、仕事の段取りが進み、
その週は仕事を早く終えることができ、結構楽してます。

今日が最終日。
今日は多くの方が来られるだろうから、
もう少し楽しんでみることにします。


| | 07:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
堺文化財特別公開 2009年秋季
ここ数年来、恒例となりました秋季の「堺文化財特別公開」が
10月30日より開催されます。

テーマは 〜 歴史の街・堺 庭園の美を追う 〜

堺文化財特別公開 2009


平成21年10月30日(金)〜11月8日(日)
午前10時〜午後4時まで(ただし各施設により異なります)

 文化財公開は
 「南宗寺」「大安寺」「妙國寺」「海会寺」「祥雲寺」「覚応寺」などで

 今回初参加のお寺は  
 「覚応寺」「月蔵寺(がつぞうじ)」

 今回初公開の文化財は 
 「海会寺」の牡丹(ぼたん)花(か)詩集(ししゅう)
 「大安寺」の開山堂
 「祥雲寺」の沢庵和尚の賛(鑑賞文)の書かれた掛軸ほか多数


今年で3年目。
役所の方より、開催への参加協力の誘いがありましたので、
少しですが、仕事の実演見学を山本刃剣でも行うことになりました。

「山本刃剣」
  11月1日(日) 3日(祝) 8日(日)  午前9時から午後1時まで 
  作業風景、包丁研ぎの指導、包丁銘切りの実演 等々。


チンチン電車の「大和川」か「高須神社」から近いですので、
近くに来られたら、覗いてくださいね。


「祥雲寺」はうちのお墓があるお寺なので、
時間があったら、見に行ってみようかと思っています。




| | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっと昔の堺
昔から、
堺で庖丁をつくる人は北旅篭町から南、神明町あたりに住んで居たそうで、今でもその界隈に多く刃物屋が点在しています。

僕が子供の頃、
堺には昔は環濠であった土居川が姿を残して、石やコンクリートでできた橋のほか、人ひとり通れるのがやっとという木の橋も多くかかっていました。
大阪での万国博覧会の開催に合わせ?造られていた阪神高速道路が出来たため,東側が高架道路の建設のため無くなってしまいました。

阪神高速・・・土井川筋

僕が幼稚園の頃遊んだのが、錦陵橋、柳橋,九間橋、真光寺橋、極楽橋、岡村橋、三蔵橋あたり。
極楽橋は今でも,阪神高速道路横の公園の中に,移設され残されています。
また、当時はその当たりから御坊さんの大屋根が見え,
遊ぶ範囲の目印になったものです。

極楽橋

土井川の川沿いには、平屋瓦屋根の昔ながらの家が並んで。
紙芝居・わらび餅売り・石焼き芋売り・ポン菓子売り・・・etc。
今思えば、風情ある景観指定地区にしたいほどの街並みだったことと思います。

公園に残る井戸

そして、道は地道。
雨が降れば水溜りができ、いつの間にか穴が大きくなる。
大きくなったら、自転車で転ぶ機会が多くなる。
そうこう言ってたら、道を均すためにトラックで砂利を撒きに来る。
砂利を撒いた後は、自転車を思うようにこげないでまた転ぶ。
夏に晴天が続けば、車が通るたびに凄い砂ぼこりで、
散水車が定期的に道路に水をまいていましたね。

そんな、風景が昭和30年代まではありました。
今は、御覧の通り。
コンクリートの阪神高速道路。
土の道はほとんど皆無。
東の土井川沿いの西側の古い家は、取り壊されて公園に。
なんか、ため息が出ちゃいます。

| | 17:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
79歳のチンチン電車・・・阪堺電車
僕の朝夕の通勤は、
大阪の「天神の森」から、堺の「高須神社」。
本当は、南海本線でも通えるのだけれど、5分程度の時間の差なら、
のんびりと開放感ある下駄履きでも気を使わない電車の方が良いから。。。
去年の、病み上がりの精神的に不安定な僕でも、
この電車だけは、一番に乗れたのですよ。
だから今でも、混んでる時以外(ほとんどすいてます。)デーンと椅子に腰をおろして、短い時間だけれどあれやこれやと楽しんでます。
(今日は少し混んでましたが、座る余裕は十分ありました。)

阪堺電車 172号

で、
今日、帰りに乗ったのが「172号」。
昭和5年に田中車両で製造された、今年で78歳になる古い車両。
しっかり?とした木造。車内の部分、部分に時代が感じられる。
古いので、車両の強度不足から、冷房が付けられないので、この季節にならないとお目にかかれない代物です。
だから、思わず写真を撮ってしまいました。(^^ゞ
でも、古いと言っても、整備が行き届いているため、まだまだ元気に走ってますよ。

阪堺電車 田中車両

考えたら、おやじより4年も前に生まれているのです。
そんな時から、バリバリ走って。
第2次世界大戦も、室戸台風も、第2室戸台風も、
ぜ〜んぶ乗り越えて、その時の風景も見てきたのだから、乗っているだけで、胸がいっぱいになっちゃいました。
それを、知ってか知らずか、乗っているお客さんも全員、
走る方向を皆で見ていることに気付きましたよ。

阪堺電車 172号 車内風景

確かに、
事業者からは、利用客が少ない厄介な乗り物。
老人や車椅子の方には、大変利用しにくい乗り物。
でも、あり方、使い方を考えて、残したいと思いますよねぇ。


| | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺市役所 展望ロビー
金曜日の昼から、今度の作品展のDMを持って、1年ぶりくらいに堺市役所へ。
ものづくり支援課を訪ね、作品店のことを頼んでから、
久しぶりだったので21階の展望ロビーへ行ってきましたよ。

堺市役所展望台03

展望ロビーは南北方向にコアで分かれていて、
でも、しっかりと360度の眺め。
有名な百舌鳥古墳群の仁徳・履中・反正天皇陵がこんもりとした森に見えます。

堺市役所展望台01

遠く東は金剛山地、二上山、生駒山。
西に旧堺市内。
大小路をたどって西に目をやれば旧堺港、大阪湾(ちぬ海)・・・天候が良ければ、淡路島。
遥か北には大阪城も見えたりもします。

堺市役所展望台02

夏場はしっかり冷房も効いていて、喫茶・軽食コーナーの「ミエール」もあって、休憩には最高。
無料で開放されているので近くに来られたら一見の価値はありますよ。
訪れる人が比較的少ない穴場スポットです。

開放時間は、
月曜日〜金曜日が9時〜21時。
土・日曜日・祝日が10〜21時。

堺市役所

終りが9時だということは、しっかり夜景も見られますね。
僕は、夜景を見たことないけれど、きっときれいと思います。

堺東の駅から徒歩5分もあれば着くから、
堺散歩の立ち寄り場所の一つに、加えてみたらみたらどうでしょうか。
| | 15:44 | comments(2) | trackbacks(0) |
浜寺水練学校 (堺市)
朝の阪堺電車の駅貼りの広告に、この募集広告。
とっても懐かしかったですよ。

浜寺水練学校

遠い昔。
僕が小学校6年生の時。
学校の仲間5人くらいで浜寺水練学校に申し込んで行ったことがありました。
あの頃の水練学校はとっても人気があって、
申し込み開始日の、始発に乗って浜寺へ行き、
行列に並んで申し込まないと、申し込めないくらいでした。
仲間で申し込んでも、学校が始まると、
学校の友達が20人くらいは来ていたと思います。

水練学校は、
予科3班から・・・1班、初級、中級、上級、高等科まで。
確か、
予科は、赤帽から白線が一本ずつ増え三本まで。
初級は白帽に黒線一本。
中級は二本、上級は三本と増えていき、高等科は黒帽でした。

ほとんど泳げなかった僕は、そのひと夏で予科3班から中級まで行きました。
一緒に行った友達も、ほとんど一緒でしたよ。
始まる前、浜寺公園で全員で体操をして、
終わったら、順次一斉に浜寺プール内に。
今よくある、室内プールの水泳教室とは、まったく違った雰囲気でしたね。

水練学校の楽しみはというと…。
やっぱり、
運動の後お腹が減って、帰りに浜寺公園駅前で買って食べる
コロッケやパン(さんりつパンをよく買った)。
特にコロッケは、超美味しかったですよ。

その水練学校が、昨日から今年も始まったそうです。
今年は102回目。
102回っていうことは・・・102年も続いているんだからすごい!
始まりは、やっぱりプールではなく、海での学校だったんだろうなぁ。
今でも、帰りはコロッケなんか食べるのだろうか。。。
コンビニに行っているのかもわかりませんねぇ。
これも、大切な堺の歴史ある夏の風物詩ですね。

| | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺水族館・・・第5回内国勧業博覧会・・・堺会場・・・
1903年(明治36年)
第五回内国勧業博覧会は事実上日本で初めての万国博覧会。
その第2会場の、堺の大浜に建てられたのがこの水族館です。
(昭和9年に焼失、建て替えたそうです。。。)

第5回内国勧業博覧会 堺水族館 記念杯 山本刃剣蔵

第5回内国勧業博覧会写真書譜  山本刃剣蔵


僕の記憶にも、
足もとに見える水槽が怖かったことや、
帰りに表で猿山(今も有りますね)のサルを見たこと、とっても覚えています。

堺水族館 昭和12年頃の絵葉書

でも、1961年9月に閉鎖になってしまいました。
だから、大浜海岸での「水族館」も、「海水浴」や「夜市」も、今では遠い遠い記憶の中ですよ。

(臨海工業地帯・・・この誘致がなかったら、あの「大浜」の風景は残っていたんでしょうねぇ。。。なんか、残念(/_;))
| | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
堺鉄砲 火縄銃 摂州住榎並伊兵衛作 山本刃剣蔵
1543年、ポルトガル人が種子島に伝えた火縄銃。
それを堺商人泉州堺の橘屋又三郎が種子島に1年以上も留まって火縄銃の製法を学んだそうです。
後に橘屋又三郎や根来から帰住した清右衛門等により、堺はやがて火縄銃の生産拠点となったのですよ。
そして堺打刃物もその流れの一部分を汲むものであると言われています。

堺銃は単に実用だけを求めただけのものでなく、
美観を重視し銃床部にも/随の飾り金具が華麗に施され、中には銃身に象嵌があるもの、銃口部に柑子(ふくらみ)があり、照準が富士山の形をしたもの、この三つの特徴が「堺銃」らしい火縄銃なのです。

で、この火縄銃。
その三つの特徴がすべて調い、おまけに短い火縄銃だから、
結構貴重だと思われます。
この銃は、親父が刀剣研ぎ師の山東儀一先生から
半分、無理やり買い受けたものですから。。。(^^ゞ

堺鉄砲 火縄銃 摂州住榎並伊兵衛作

今は、
包丁を見に来る料理人の皆さんや、修学旅行生の生徒たちに
手にしてもらって、遠い昔の堺を楽しんでもらっています。
| | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) |