★カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2016 >>
★アーカイブ
★カテゴリー

お問い合せ

Twitterボタン


fxwill.com


第55回 大阪工芸展 2013 入賞! 「大阪工芸協会 会長賞」
久しぶりのブログです。


組合の「堺刃物まつり」があったり、3月のNYの見本市の出展の商品を送ったり。。。

バタバタの1月末から2月でしたが、

やっとここで、一息つきましたよ。


そんな一息つける〆の今日。

大阪工芸展の表彰式に大阪南港のATCに行ってきました。

風もあって、とっても寒い一日でしたが、お天気は

気持ち良かったですよ〜


ATCより


僕は初出品から6年連続入賞していて、2年前から大阪工芸協会の「無鑑査」。

今回は「無鑑査」としての初出品で、「審査」があるというので・・・どんなものか心配していましたが。。。


「無鑑査」の中から選ばれる「大阪工芸協会 会長賞」 (入賞)

賞状と記念品と賞金5万円ももらっちゃいました。

2013 大阪工芸展 大阪工芸協会 会長賞 入賞

とっても嬉しいですが、

「工芸大賞」をとるまでは、大阪工芸展での挑戦は続きます。

嬉しい報告でした。


第55回 大阪工芸展 2013

◆会期

 2013年2月16日(土)〜21日(木)
 
 午前10時〜午後6時(最終日は午後3時まで)

◆会場

 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10  TEL.06-6615-5510

 アジア太平洋トレードセンターATC・ITM棟10階 デザインギャラリー


第55回 大阪工芸展 2013

| 作品展 展示会 | 07:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
「国際レストラン&フードサービスショー」 in New York
「英」の名を世界へ。。。という事。

今回、堺市の堺食産品海外セールス実行委員会がニューヨークの見本市に出展することになり、「英」の包丁の名前をアメリカにもあげたく参加しました。
そう、
販売は・・・追々。
最初から販売実績を残すって・・・無理ですよ。
まずは「本当の堺打刃物」を海外の人に知ってもらえれば・・・ということで参加しました。

でも、僕は倒れてから「飛行機」がまだ乗れないので、
ロサンゼルスの友人、ジョン君とさらちゃん達に
「英」の包丁と「英」の幕を持って行ってもらいました。


ジョン君さらちゃんinNew York

ジョン君inNew YorkさらちゃんinNew York


国際レストラン&フードサービスショー・オブ・ニューヨーク2012

日: 平成24年(2012年)3月4日(日)〜6日(火)  3日間 
会場: 米国ニューヨーク  
     ジェイコブ・K・ジャビッツ・コンベンション・センター
Jacob K. Javits Convention Center

主催: ニューヨークレストラン協会

参加:  山本刃剣、 蟷穫匿亙製作所、螢ネシゲ刃物、 タマノイ酢

内容 : 外食産業対象の東海岸最大級の規模を誇る食の国際見本市。
     5年目を迎える日本パビリオンは、現地での日本食ブームの火付け役     とされる。2011年の来場者数約18,300人。堺市ブースでは参加企業に     よる自社商品の展示・販売や商談のほか、堺打刃物の伝統工芸士によ     る研ぎの実演。

ジョン君 さらちゃんからの報告。

展示会は、あくまで展示会としてとらえ、直売には力をあまり入れませんでしたが、現場では正しい知識と情報をお伝えし、「堺に英あり」ということをアピールできました。
その結果、展示会後にさらに「月心英」への質問、要望などをいただいております。これ一回で終わらず、長期的にアメリカの市場で、英さんと真さんのお仕事をご紹介させていただくためにも、売りに焦らず、良さを知っていただくこと、そしてお二人の巣晴らし包丁を使いこなしてくださるようなお客様の発掘と育成、そこに力を注ぎたいと願っています。


この二人に出会えて良かったです。
本当に、英の包丁を愛してくれているという事、
その熱意は、否応なく離れていても伝わってきますものね。

本当に会期中はお疲れ様でした。
そして、
また来年、よろしくお願いしますね。(^O^)v


写真は懇親会にて 

安井さん 銭谷さん 花谷さん 等と

安井さん銭谷さん花谷さん等と

| 作品展 展示会 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
平成23年度 全国伝統的工芸品 公募展  入賞!
全国伝統的工芸品公募展に毎年挑戦していますが、
今回、出品総数285点より、やっと「生活賞」に入賞しました。(^o^)/

公募展 審査結果

今回も2点出品しましたが、
僕の予想に反して、通常のニッケルダマスカスの柳刃を
今回、新たに作ったものが、入賞となりました。

以前、ニッケルダマスカスの柳刃を
大阪工芸展に出品したことがありますが、
「大阪造幣局 理事長賞」をいただいたことがあり、
このタイプの包丁は、審査員受けするのかもわかりませんね。(*^_^*)

いずれにしても今回の入賞で、

日本伝統工芸士展
全国伝統的工芸品 公募展
大阪工芸展

この3展での入賞を制覇いたしました。

日本伝統工芸士展での入賞歴は、日本一であり、
大阪工芸協会では、昨年度より「無鑑査」となっていますので、
これで、全体から見ても金工部門では(伝統的工芸品)では「日本一」となったと思います。


入賞作品の展示

日時   平成24年1月4日(水)〜17日(火)

     11:00〜19:00(最終日15:00)

場所   全国伝統的工芸品センター(池袋)

むらくもの雫 馬 ・ 黒檀本焼き柳刃 「打ち出の小槌」 ニッケルダマスカス 柳刃 300mm
| 作品展 展示会 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺打刃物 第7回 山本英明 真一郎 博之 三世展風景 その1
5日間の総来場者200名。
そのうち、150名が本職料理人のお客様でした。

本職料理人の人でも、普段目にすることのない「作品庖丁」を熱心に見てもらえ光栄でした。

作品展風景04

熱心に見てもらえるので、説明する僕たちも頑張って説明させてもらいました。

作品展風景01

東京池袋の全国伝統的工芸品センターでしてきた作品展とは違い、
今回は展示のみでしたので、包丁談義に花が咲きました。

作品展風景02

料理人の皆様だけでなく、その料理人の皆様のお店のお客様まで来てもらえたのがうれしかったですね。
また、女性の来場者も結構来てくれましたよ。

作品展風景03

僕のトンボ玉の生徒たち、長谷工の昔の上司、
いろいろな話をいっぱいさせてもらいました。

本当にありがとうごづぃました。





  
| 作品展 展示会 | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
堺打刃物 第7回 山本英明 真一郎 博之 三世展
堺打刃物 第7回 山本英明 真一郎 博之 三世展

無事、終了しました。
5日間の会期中、約150名の本職料理人の方々に
お忙しい中、足を運んでいただきありがとうございました。
親父、私、息子共々、幸せの限りです。

関西では、初めてとなる作品展。
「堺打刃物」、「作品庖丁」、「資料としての庖丁」、「職人の歌」と、
東京の池袋での開催より一段と趣向を凝らして、見るだけで楽しんでいただけるよう展示しました。
楽しんでもらえたでしょうか。

写真を徐々にまとめていきますので、またご覧くださいね。

とりあえず、
会場の展示風景を載せることにします。

2011作品展壁面2011作品展コマ1-2-3

2011作品展コマ4-52011作品展コマ6-7-8-9-10

こんな感じでした。


| 作品展 展示会 | 19:58 | comments(2) | trackbacks(0) |
堺打刃物 山本英明 山本真一郎 山本博之 三世展 「守破離」
2011作品展DM



日 時  2011年1月28日(金)〜2月1日(火)まで

     午前11時〜午後5時まで (最終日は3時まで)

名 称  第7回 堺打刃物 山本英明 真一郎 博之 三世展

テーマ  「守 破 離」

場 所  大阪 心斎橋 クリスタ長堀ギャラリー

展 示  各コンペ出品作品多数展示 
     本職用・家庭用の堺打刃物展示


今日から、7回目の作品展です。
そして、大阪では初めての作品展です。
今回のような、作品展はそうできませんので、ぜひご覧ください。


| 作品展 展示会 | 06:29 | comments(3) | trackbacks(0) |
第6回 堺打刃物 山本英明 真一郎 博之 三世展
今回で6回目の作品展です。
4回目までは
「堺打刃物 伝統工芸士 山本英明・真一郎 親子展」でしたが、
去年より、「博之」の包丁も加えて「親・子・孫」の三世展。
作品展のテーマの「守 破 離」の言葉にふさわし作品展になりました。
ただ、毎年、夏に開催していますが、
昨今の「刃物」の事件のあおりを受け、
池袋警察、全国伝統的工芸品センターの指導により、
展示場所の問題により、
やむなく延期となり1月開催となったわけであります。

諸事情を考えると、
今回が池袋での作品展は最後になるかもわかりませんので、お見逃しなく。
いろいろ、刃物談義をしに来てください。

お待ちしています。



日 時  2010年1月8日(金)〜1月12日(火)まで

     午前10時〜午後7時まで (最終日は5時まで)

名 称  第6回 堺打刃物 山本英明 真一郎 博之 三世展

テーマ  「守 破 離」

場 所  全国伝統的工芸品センター2階 
     JR池袋メトロポリタン口すぐ

実 演  包丁の研ぎの実演・指導
     銘切り実演

展 示  各コンペ出品作品多数展示 
     本職用・家庭用の堺打刃物展示販売


DM02 第6回 作品展 2010

DM01 第6回 作品展 2010
| 作品展 展示会 | 20:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
2009大阪工芸展 会場風景
今日は午後2時から午後6時まで会場当番。

仕事とは違って・・・しんどかった。

明日もう一日午後から当番、がんばらないとねぇ。。。

写真は、会場風景。

2009大阪工芸展 会場風景01

2009大阪工芸展 会場風景02

あたたかくて、静かで…眠くなる僕ですよ。


大阪工芸展 受賞歴

初参加2005 大阪伝統工芸品産業振興協議会会長賞 
     2006 日本貿易振興機構大阪本部長賞
     2007 近畿経済産業局長賞
     2008 近畿経済産業局長賞
    
     2009 大阪伝統工芸品産業振興協議会会長賞

| 作品展 展示会 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
2009 大阪工芸展 
今年も「大阪工芸展」に出品しています。
今年はシンプルに、「本焼き柳刃黒檀銀巻き」を2丁。
久しぶりに、こういうものも良いかと思いまして。

でっ、
無事、入賞。
「大阪伝統工芸品産業振興協議会会長賞」をいただきました。
表彰式は24日となっています。
仕事の都合をつけて、もらいに行こうと思っています。

「大阪工芸展」は
平成21年2月20日(金)〜24日(火)の5日間
午前10時〜午後6時まで (最終日は午後3時まで)
入場無料
会場
アジア太平洋トレードセンター(ATC)・ITM棟10階デザインギャラリー
会場までの交通アクセス
◇ 大阪市営地下鉄「本町駅」から南港ポートタウン線「コスモスクエア駅」経由
南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」下車
(所要時間:新大阪駅〜約40分、大阪駅〜約30分、本町駅〜約20分)
◇ 大阪市営地下鉄「なんば駅」から四つ橋線「住之江公園駅」経由
南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」下車
(所要時間:なんば駅〜約30分)

です。
土曜日・日曜日は2時から6時まで
会場にいますので、時間のある方はのぞきに来て下さい。

| 作品展 展示会 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
感性kansei −Japan Design Exhibition− に出展される
昨年12月12日から21日の10日間、
フランス・パリの装飾美術館において開催いされました

「感性kansei −Japan Design Exhibition−」

の展示会の開催報告・写真が送られてきましたので載せておきますね。

感性kansei -Japan Design Exhibition-  会場入り口
@Amélie Debray       
感性kansei -Japan Design Exhibition-  会場その1 感性kansei -Japan Design Exhibition- その2
@Amélie Debray              @Amélie Debray

一般来場者、メディアにも大好評で、会期10日間にもかかわらず、
来場者数は1万人を超え、盛況であったようです。
出展された製品の中に込められた
「ものづくりの心」や「ものづくりのものがたり」を紐解いてみせることで、
日本製品に含まれる「感性価値」という経済価値を、海外に発信し理解を促すことを趣旨とした展示会に、「英」の堺打刃物が展示されたのは大変光栄なこととなりました。

感性kansei -Japan Design Exhibition-  展示その1
@Amélie Debray

感性kansei -Japan Design Exhibition- 展示その2
@Amélie Debray

追伸

和包丁は、日本料理があっての道具。
和包丁が世界一であるといわれるほどの切れ味があるのは
日本料理がその切れ味を求めたから。
本当は製品のみではなく、
日本料理に使われるべくして形を変え伝え受け継がれた、和包丁であるということが、フランスの皆様にわかっていただけたらよいでしょうね。

そう思う僕ですよ。
| 作品展 展示会 | 19:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
日本伝統工芸士会名品展  〜明日から!〜
日本伝統工芸士会名品展において、
11月の全国大会での日本伝統工芸士会作品展で、入賞した作品が展示されます。


日 時  11/27(木) 〜 12/9(火)

      午前11時〜午後7時 最終日午後5時まで

場 所  全国伝統的工芸品センター(池袋)

     伝統工芸士は日本の伝統的工芸品の優れた
     技術・技法を駆使する卓越した作り手であり
     全国に4,600人を超す方々が活躍されています。
     年に一度開催される、伝統工芸士の作品コンクール
     において、優れたものと認められた品々が一堂に会します。


興味のある方は見に行ってやって下さいね。

親父の「風神・雷神」。
僕の銀3の多層「和包丁3点セット」。


です。
| 作品展 展示会 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
今年も 日本伝統工芸士会作品展 入賞! 
岐阜で第25回伝統的工芸品月間国民会議全国大会が開催されています。
この中の伝統工芸士にとっての年に一度の「作品」の見せどころである
日本伝統工芸士会作品展
「山本英明・山本真一郎」親子そろって、またまた入賞しました。

僕で…9回目かな? 作品にしたら10作品になってしまいます。

このコンクール。
年に一度、全国のもの作りに積極的な伝統工芸士が出展し、
全国の金工から出品されたなかから投票により毎年2〜3点選出され決まります。これは、「入選」ではなく「入賞」。
だから価値があるのです。

このコンクールの入賞が、一年の締めくくりといっても良いですねぇ。(^O^)
また、写真は後日アップします。

岐阜へ見に行かれる方は、
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11355/handicraft/
を参考にしてくださいね。



| 作品展 展示会 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
感性 kansei-Japan Design Exhibition
経済産業省と日本貿易振興機構が、
「感性 kansei-Japan Design Exhibition 」を、パリ装飾美術館で開催するのですが、「英」の包丁・本焼き柳刃包丁3丁が展示品のひとつに選ばれました。展示される予定です。
これって、とっても名誉なことですよねぇ。(^-^)v

本焼き 柳刃 総銀巻き


「kansei - Japan Design Exhibition」概要

本展では、日本人が創り出す様々な製品や磨きあげられてきた匠の技に宿る「kansei」を紐解き、その魅力を世界に向けて発信します。
日本の「kansei」を世界に発信し、国際競争力を強化することを目的としています。
日仏交流150周年記念イベントの一環として、今年、世界のトレンド発信地パリで初めて開催。両国のさらなる交流を促進します。

会期: 2008年12月12日(金) 〜 21日(日)

会場: 仏国立装飾美術館「Les Arts Decoratifs」(パリ・ルーブル宮内)

主催: 経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)

共催: 仏国立装飾美術館

内容: 日本のkansei プロダクト約120 点を展示するとともに、印刷、
皮革加工、布地染色の匠の技を紹介。同時に、華道家の池坊美佳氏
らによりセミナーを開催する。


行かれる方があれば、見てきてくださいね。
僕は、エコノミー症候群で倒れてからまだ一年。まだまだ、飛行機が怖いですから。。。(^^ゞ
| 作品展 展示会 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回 堺打刃物 山本英明・山本真一郎・山本博之 三世展 in 池袋
 日 時  2008年8月21日〜26日  午前11時〜午後7時

 場 所  全国伝統的工芸品センター 1階 匠ステージ


堺打刃物「英」の東京での作品展は今年で5回目。
そして今年は、山本博之も加わって三世展でした。
博之は、作品というか、自分で作った商品を20点ほど持ち込んでの参加。
なんとか、「三世展」の格好はついた感じでした。

2008作品展風景in池袋01


5年目となれば、例年来てくれる一般の人、本職料理人の人、
、関西から東京に行った本職料理人の人と一年ぶりに会って話できるのが、楽しみになってます。
そして、作品展を通して新しく多くの人と知り合いになれることが、
「展示会」の醍醐味ですよね。(^O^)

2008作品展風景in池袋02

2008作品展風景in池袋04

下の写真は、英明(おじいちゃん)に「銘切り」の指導を受ける博之(孫)。
のんびりとした時間でしか見られない光景です。

2008作品展風景in池袋03

今年も、楽しい一週間を送ることができました。
わざわざ見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。



| 作品展 展示会 | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
第5回 堺打刃物 山本英明 真一郎 博之 三世展

池袋の全国伝統的工芸品センターでの作品展も、今年で5回目。
今年は「三世展」とし、親・子・孫の三代にて開催します。
世界に一丁しかない包丁・料理人の方に人気のあるクラスの包丁・
家庭用にお勧めの包丁・・・etc。
去年作品展に出品し、入賞した作品をはじめ、
未発表作品も持ち込みます。
常時、会場には誰かしらいますので、会場に遊びに来て下さい。

DM出来ましたので、
また、住所のわかる方にはお送りしますので、
今しばらくお待ちください。

日時 2008年 8月21日〜26日 午前11時〜午後7時

場所 東京池袋 メトロポリタンプラザ1階 全国伝統的工芸品センター

概要 作品展出品作品、本職用・家庭用包丁の展示販売
   研ぎ・銘切りの実演 


第5回 作品展 DM    

今年もDMは、青木陽子ちゃんの好意により
作ってもらいました。
ありがとうございました。
| 作品展 展示会 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
DMの写真撮り
今日は午前中に、今年の作品展のDMの写真撮りをした。

なんか、いつもうまく撮られない。。。(^^ゞ

今年は、パーソナルフォトスタジオを買ったんだけれど。

あまり変わらないなぁ。。。

変わらないというより、撮った写真の雰囲気が違う。。。

去年までの方が…偶然、光の加減で素敵な写真が撮られたように思うなぁ。

でも、とりあえず、20枚程度は撮りましたよ。

どうなることやら。。。(^^ゞ

2008年 DMの写真撮り

写真は石川県での日本伝統工芸士作品展に出品した和風クラフトナイフ。

銘切りは「傾奇御免」、それと、梅鉢。

この作品は、無事、入賞しました。
| 作品展 展示会 | 20:28 | comments(4) | trackbacks(0) |
2008年作品展・・・今年のDMは。。。
今日は、本町のナビバードに納品の後、
西梅田ヒルトンプラザホールのグランカフェで久しぶりにデザイナーの青木ちゃんとお茶とケーキ。
近況の話しと、
今年の池袋での作品展のDMをお願いしました。
っていっても、DMの話しはタイトルを言っただけ。(^^ゞ
いつものことで、青木ちゃんにDMはお任せしてあります。
いつもいつも、申し訳ないです。(^^ゞ

今年のタイトルは・・・「守 破 離 ふたたび」。
第一回のタイトルが「守・破・離」。
今回が第五回目で初心に戻っての「守・破・離」。
今まで、「親子展」だったのが、今年は「三世展」。
伝統は、受け継ぎ伝えるものなのですねぇ・・・っと、実感です。

DMのできるのが、また楽しみですよ。


第1回作品展「守・破・離」 DM 

これは第一回作品展のDMです。

| 作品展 展示会 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008大阪工芸展
今年の大阪工芸展。
去年、体調を悪くしたので、出品はやめようかと思っていたのだけれど、
参加することにしました。
出品は、2部門(産業工芸) 生活用品・伝統工芸品でした。

結果は「近畿経済産業局長賞」。
部門別では上からふたつ目の賞です。

あぁ〜。。。何時か大賞が欲しい。。。(^^ゞ


会期
平成20年2月23日(土)〜27日(水)の5日間
午前10時〜午後6時まで (最終日は午後3時まで)
会場
アジア太平洋トレードセンター(ATC)
ITM棟10階デザインギャラリー

2008大阪工芸展 会場風景


作品は・・・「龍田川」。
本焼き柳刃330mmに京象嵌を施し、
黒檀の鞘に蒔絵を描いたもの。

千早振る神代もきかす龍田川
   からくれないに水くくるとは
                (在原業平朝臣)

嵐吹く三室の山の紅葉は
   龍田の川の錦なりけり
                (能因法師)


2008大阪工芸展 出展作品 龍田川


こんな感じになりました。
この作品、売れなければ、
今年の夏の池袋の作品展で展示します。
興味ある人は見に来て下さいね。

| 作品展 展示会 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |