★カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2009 >>
★アーカイブ
★カテゴリー

お問い合せ

Twitterボタン


fxwill.com


第28回 全国伝統工芸士大会・伝統工芸全国大会 2009
年に一度の伝統工芸士の全国大会。
今年は京都の京都会館であったので、両親と僕の3人で参加してきました。

いつもなら、伝統的工芸品月間国民会議全国大会にも参加しますが、
今年はその会場が京都伝統工芸大学校と市内からとっても遠いので、
堺打刃物の伝統工芸士のほとんどが伝統工芸士の大会~の参加。
そして、懇親会の参加となりました。

日本伝統工芸士 全国大会 in 京都

僕が2年前、ドイツの帰り倒れてしまったので、
僕も両親も3年目の参加。
元気に参加できて、良かったと心から思いました。

今年の懇親会は、京都全日空ホテル。
このホテルだけでも、700人以上の参加となりました。

京都と言えば、舞子・芸子さん。
会食の前に、踊りの披露もありました。

日本伝統工芸士 全国大会 in 京都 その2

食事は…京都らしくない料理だったけれど、
舞子さんが各テーブルを回ってくれて、
会に華を添えてくれました。
(左は大阪桐ダンスの事務局長の出石さん)

日本伝統工芸士 全国大会 in 京都  その3

で、
10月29日からは

2009伝統工芸ふれあい広場
2009全国伝統的工芸品展

が、みやこめっせで開催され、31日は僕も当番で堺打刃物の
展示小間に詰めています。
よかったら、声をかけてくださいね。

作品展の結果はまた後ほど報告しますね。
| 伝統・伝統的工芸品 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
住吉大社 観月祭 2009 
住吉大社は年遷宮を平成23年に控え、太鼓橋(反り橋)の架け替え中。
だから、今年の観月祭は吉祥殿神館でおこなわれました。
住吉大社の遷宮は20年に一度。
それに、その度に太鼓橋が架け替えられるかどうかわからないので、
貴重といえば、貴重な観月祭になるかもわかりません。

日中は午後から青空も見られましたが、
夕方は雲が多くて、月は見られそうになかったけれど、
雨は降りそうになかったので、一応、住吉さんまで行きました。

境内に入り、反り橋の南側の石橋を渡れば、すぐに吉祥殿神館。
暗くなった境内、その存在がしっかりと浮かび上がります。
庭は祭りの用意がととのえられ、樹齢千余年の大楠のライトアップは幻想的。
すでに、名月を楽しもうと多くの人が来てましたが、
パラパラと席が空いていて、座ることができました。


住吉大社 吉祥殿 神館住吉大社 吉祥殿 神館 大楠木

本宮にての神事は見なかったけれど、
神館の庭で例年通り、献歌、住吉踊り、舞楽奉納を今年も楽しみました。
月が昇る時間が過ぎても、月は顔を出さず、
「今年は見られないかな〜。」とあきらめかけていたら、
ちょうど、住吉踊りの頃、スーっと、雲の割れ目から月が顔を出しましたよ。

住吉大社 観月祭 住吉踊り20009 明月 01

ここ数年、綺麗に月が見られなかったけれど、、
今年は祭事の途中、雲の間に、
見え隠れしながらも綺麗に満月を見ることができ良かったですよ。

毎月待つ「満月の夜」にまして、待ち望む「名月の夜」。
かぐや姫が昇天した、神秘的な夜。         
そんな、年に一度の2時間程度の時間。
今年も、観月祭の神聖な雰囲気の中に身を置け、
とっても幸せな時間でした。

明月 01 2009年10月3日

帰ってから、
高く昇った明月を、いつものように苦心して、
デジカメに収めました。
| ある日の風景 | 09:12 | comments(1) | trackbacks(1) |